【メカニカルキーボード】チャタリングを物理的に直せたカンタンな方法

どうも、ルーです。

今回はお気に入りのキーボードだけどチャタリングに悩んでるなら参考になると思います。

チャタリングとは?

コンピュータ用の古いキーボードを操作したとき、キーを一度押しただけなのに、複数回入力されることがある。あるいは、マウスのシングルクリックが、意図せずダブルクリックとして入力されてしまう。一般的にはこれを指してよくチャタリングと呼んでいる。また接点の劣化によって引き起こされている場合もあるが、この場合、スイッチの交換が必要である。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チャタリングをなかったコトにするソフトウェアみたいなものは一切使いません。物理で直します。

参考までに俺が使っているキーボードは、FILCOの茶軸有線メカニカルキーボードです。アマゾンで購入履歴を調べたら今10年目でした。

使っている途中でチャタリングが発生したこともありましたが、今回紹介する方法を試した結果、直りました。
最終的に直ってから2~3年くらいですが、チャタリングは発生してません。

すべてのキースイッチ(茶軸とか赤軸とか)に使えるかはわからないので自己責任でお願いします。

というわけで、とっとと直して快適にキーボードをカタカタできるようになりましょう?

必要なもの

メカニカルキーボードのチャタリングを直すのに必要なものを書いていきます。

以上です。

コンタクトスプレーのかわりにKURE5-56は使わないほうがいいと思います。念のため。
コンタクトスプレーはプラスチックOKですけど、5-56はシュッとかけてそのまま放っておくとプラスチックが溶ける可能性があるからです。

今回のやり方ではキースイッチの中にシュッとかけて浸透させるので、5-56は適してないと考えます。

チャタリングを直す手順まとめ

キートップ引き抜き工具でキーをはずす→キースイッチ(茶軸とか赤軸とか)にコンタクトスプレーをシュシュっとする→綿棒で30~50回くらい連打→直ったか確認→直ったならキーをはめて完了です。
直らない場合はもう一度コンタクトスプレーをキースイッチにシュッとして綿棒で連打してください。

以上です。

それでも直らないなら原因は別にあるかもしれません。例えばひどい腐食とかサビとかですね。
そっちだと俺にはわからないので別の方法を探すことをおすすめします。

画像とともにチャタリングを直す手順を説明

チャタリングが発生しているキーをはずす

一応キーをはずす様子も画像で伝えます

キーの上面部分の角に引き抜き工具をまたがせながら押し付けていくと、うまい具合に工具が広がっていきます。
慣れないうちは引き抜き工具を手で広げてキーのみぞまでさし込めばいいと思います。

キーのみぞまでさし込んで引っかけたら、あとは引き抜くだけです。

まっすぐ上に引き抜いたほうがやりやすいです。

コンタクトスプレーをシューッ!!

キースイッチが見えたら次はコンタクトスプレーをシュシュっとしていきます。

俺のキーボードのキースイッチは茶軸なので茶色です。その中心の茶軸の周りにみぞがあるのがわかるでしょうか?
そこのみぞにシュワシュワっと浸透させる感じにシュシュっとしていきます。茶軸部分にコンタクトスプレーのノズルを使ってシュシュっとやっていくとみぞに浸透していきます。

軸周りの4つのみぞに浸透するようにコンタクトスプレーをシューしていってください。短く3プッシュくらいで十分だと思います。

綿棒で連打30~50回くらい

力加減は軽くで大丈夫でーす。

写真撮りながらだったので綿棒が少しねちゃいましたが、なるべく垂直に(まっすぐに)綿棒を立てて連打するのがおすすめです。
ふつうにキーを打つときも垂直に押されていると思うので。験担ぎ(げんかつぎ)みたいなものです。

チャタリングが直ったか確認

30~50回連打し終わったら、直ったかどうか確認します。

ワードパッドでもワードでもグーグルの検索窓でも文字が打てるものなら何でもいいです。
例えばキーボードのAがチャタってたのなら、

といったふうに最初は目視でAを何回か押して確認して、そのあとは他のキーと交互に打っていって確認するのもありではないでしょうか?
チャタリング起きなければ無事直りました。おめでとうございます。

直らなかった場合

直っていなければもう一度コンタクトスプレーをシュシュっとやるところからやってみてください。

それで直らないなら別の原因があるのかもしれません。俺にはわからないので他の方法を探すしかないと思います。

直ったけど、1ヶ月くらいあとにまたチャタったよ。という場合

この場合はもう一度コンタクトスプレー+綿棒連打をしてください。やっているうちにチャタリングが発生しなくなっていきます。

俺も1ヶ所だけ「W」キーだったかが直ってから1ヶ月後くらいにチャタったことがありました。けど、コンタクトスプレー+綿棒連打をもう一度やったあとはチャタリングが起きていません。

なので直ったあとわりとすぐにチャタったら、もう一度やるのをおすすめします。

キーボードにこの方法を試そうと思った流れ

今使っているのはG700sというロジクールのマウスです。

G700にチャタリング発生、保証期間内だったので連絡したら新品交換に→送られてきたのがG700s。という流れです。

そのG700sにもチャタリングが発生しました。もうロジクールの保証期間が過ぎていたので治す方法ないかなーと検索してみたらあったのがこの方法でした。(マウスでは綿棒ではなくつまようじの持ち手部分で連打ですけど)

それで実際にG700sにこの方法を試してみたら直ったんです。もう数年たってますが一度もチャタってません。

その流れで「キーボードの押す部分もスイッチだし、マウスのカチカチ押すとこもスイッチじゃん。試そ。」って感じでやってみたらキーボードでも通用しました。やったぜ。

まとめ

チャタリングは意外とカンタンに直る

さいごに

すべてのキーボードに通用する方法かはわからないです。けど、有効なキーボードがあるのも事実です。

お気に入りのキーボードはずっと使っていたいですよね?俺もそうです。だから試しました。

これでチャタリングが直ったなら良かったです。

 

本日のアイテム一覧

KUREコンタクトスプレー(接点復活剤)
https://amzn.to/3ayB8tL

キートップ引き抜き工具(FILCO製)
https://amzn.to/3mBy6dS

綿棒
ドラッグストアで100円くらい。ふつうの白い綿棒。

スポンサーリンク