【食べ物】業務スーパーのリッチチーズケーキが濃厚うまいのでおすすめ

2021年11月20日

リッチチーズケーキ

どうも、ルーです。

今回は最近試しに買って食べてみたらすげーおいしかったリッチチーズケーキを紹介します。

業務スーパーが近くにあって、お得でおいしいものを知りたい人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リッチチーズケーキの製品情報

リッチチーズケーキの原材料

リッチチーズケーキ

原材料名

  1. 乳等を主要原料とする食品
  2. クリームチーズ
  3. 液全卵(鶏卵)
  4. 植物油脂
  5. 加糖練乳
  6. 粉末植物油脂
  7. バターミルクパウダー
  8. 砂糖
  9. 食塩
  10. 乳たん白/安定剤(加工デンプン、キサンタン)
  11. 乳化剤
  12. 酸味料
  13. ポリリン酸Na
  14. 甘味料(ソルビトール)
  15. 香料(一部に卵・乳成分・大豆を含む)

リッチチーズケーキの栄養成分表示

リッチチーズケーキ

栄養成分表示(推定値) 100g当たり

エネルギー 267kcal
たんぱく質 6.1g
脂質 14.9g
炭水化物 27.0g
食塩相当量 0.5g

このリッチチーズケーキの内容量は500gです。

全部食べると267×5=1335kcalになります。

俺は食った。食っちゃったなー。おいしいから。

リッチチーズケーキの見た目

写真を撮ったので載せていきます。

リッチチーズケーキ↑ひっくり返して上から撮った画像です。まだ凍っていて硬めのときです。でも噛み切れる程度の硬さでした。

リッチチーズケーキ↑縦はこんな感じです。

リッチチーズケーキ↑横から撮りました。厚みはこんな感じです。3cmくらい?

リッチチーズケーキ↑開けて写真を撮ってみました。実物はもう少し明るい色です。

リッチチーズケーキ

↑断面はこんな感じ。どうです?おいしそうじゃないですか?

リッチチーズケーキ↑ふわふわというより、密度高い系のチーズケーキです。それが伝わればいいんですが。

リッチチーズケーキ

↑違う角度から

リッチチーズケーキ↑さらに違う角度から。質感が伝わるといいな~。

スポンサーリンク

リッチチーズケーキの味とおすすめできる人はだれか?

口に入れるとスーッと溶けていく。って感じのチーズケーキではなくて、もっちゃもっちゃしてからのねりねりーんと溶けていくチーズケーキですね。

やさしい口溶け、口残りを目的とした「お上品な」チーズケーキを求めるならやめておいた方がいいですね。

これがチーズケーキだチーズケーキだチーズケーキだ、もっちゃもっちゃと口の中を転げまわり、チーズケーキを大いに感じたい人にはおすすめです。

べったり濃厚なチーズケーキです。

凍ってる状態でも噛めるくらいの硬さなので店で買ってそのままかぶりつくこともできます。

個人的に食べ時としておすすめなのは半分凍っていて半分溶けている状態です。

適度な歯ごたえと口の中で溶けていきつつも、もっちゃもっちゃできるのがいい感じです。

基本的にはどの状態でもうまかったですけどね。おすすめは半々状態。

リッチチーズケーキの値段

このリッチチーズケーキ、内容量500gでいくらすると思います?400円ですか?500円でしょうか?

なんと税込みで250円くらいで買えました。安すぎっす。(たまたま買った時に安売りしてたみたいです。)

しかも今ならご家庭にあるチーズケーキを下取りに出して100円引き!←冗談です。

味もそこらへんのケーキ屋さんと同じ感じです。

違いがあるとすれば、

  • ケーキ屋産=やさしい味わい
  • このリッチチーズケーキ=濃厚ヘビィ

って感じです。

ただ基本的なチーズケーキの風味は同じ感じでした。

1個400円くらいするチーズケーキを買うよりは、俺は500円払ってこっちを1kg食うぜ。って感じです。もっちゃもっちゃ。

考えてみて欲しい。このリッチチーズケーキに棒アイスの棒が刺さって250円で売っていたらあなたは買うだろうか?

俺は思わず買っちゃうと思います。大きさにロマンを感じて…。

つまりアイスとして見てもお得感抜群なリッチチーズケーキなんです。

ちょっと何言ってるかわからないですけど、チーズケーキ分を大いに楽しみたい人にはおすすめです。

簡単なまとめと感想

  • 1回に全部食うと1335kcal
  • 濃厚ヘビィで、もっちゃもっちゃと食べたいならおすすめ
  • 値段は安売りで税込み250円くらい。
  • でかい、やすい、うまい

今回は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

良いスイーツ、デザートライフを。

スポンサーリンク