【万年筆】TWSBIダイヤモンド580ALを使ってみた感想、所感

2021年11月23日

どうも、ルーです。

今回はTWSBI(ツイスビー)DIAMOND(ダイヤモンド)580ALのEF(極細)、色はエメラルドグリーン。を買ったので、使ってみた感じを書いていきます。

今使っているインクはナカバヤシの北斎錆緑です。インクの色は青色ですが、書いたあとは緑っぽくなります。赤サビみたいな感じになることも。

紙はマルマンCROQUISのクリームコットン S162

 

話しをツイスビーに戻します。

 

そもそもどうして万年筆を求めたのかあまり覚えてません。
でもふり返るに「ボールペンはかすれたりなぜか途切れたりするから、そういったことがないやつがほしいな。」からの万年筆とかどうなんだろ?っていう発想だったような気がします。

そしてツイスビーを買いました。

 

ツイスビーってわりと評判いいけど実際どんな感じ?と気になるなら参考になると思います。

なぜツイスビーダイヤモンド580ALペン先EFを選んだのか?

まず第一に見た目です。一目惚れでした。

 

一目見て「うわぁ、キレー(きれい)。」こうでした。

ペン先EFを選んだのは手帳に書き込んだりもするので、まずは細いものを。という理由です。

 

見た目から興味をもって、ツイスビーダイヤモンド580って良い?品質とかどうよ?っていう情報を集めました。

その結果、評判はすこぶる良さげ。

  • 書きやすい
  • 書き心地もいい
  • 台湾製
  • 見た目もいい(主観)
  • 吸引式&インク多目に入る
  • 透明部分にインクが入るから残量が常に見れる
  • きれいな色のインクを使ってると透明部分にインクが入るのできれい
  • 分解できるので掃除(メンテナンス)が楽
  • インクが乾きづらい(しっかりとキャップはした状態で)
  • いざとなればペン先だけを単品で買える
  • 品質が良いのに値段は手頃なほう

 

見た目だけじゃなく、書く道具としてもだいじょうぶそうだな。と思えたので買いました。

実際に使ってどうだったか?(結論)

買ってよかったです。手に入った実物もキレーでした。

書き味はどうだったの?感動した?

感動できるといいなぁ~と期待してたんですが、これといった感動はありませんでした。

「あ~、はいはいこんな感じね。」ってくらいなもんでした。
書き味はすらすらと書けて快適で良いんですけど、感動するかといわれたらしません。そのくらいの書き味でした。

 

ペン先の細さがEF(極細)ってことも関係があると思います。もしもヌメヌメな書き味がいいのであればもっと太いペン先を選んだほうがいいと思います。少なくともF(細い)以上の太さを。
※(細い)  EF < F < M < B  (太い)  <  (特殊な太さ)STUB[スタブ] みたいな感じです。STUBは縦は太く、横は細く書けるペン先みたいです。

 

ツイスビーダイヤモンド580AL、ペン先EFの書き味を成分でいうなら[サリサリ5:サラサラ3:サラザラ1:ヌメヌメ(なめらか)1]って感じです。

書き味の感動はありませんでしたが、安定して書けるというか実直な感じがします。淡々とこんこんと書いていけるようなそんな感じです。

気に入ったポイント

デザイン、見た目、色合い

きれいなエメラルドグリーン。キレー。

キャップをあけしめするときの音

どうです?いい音でしょう、余裕の音だ。

持ったときのやさしい手触り

カット面がやさしくソフトな手触りで持ちやすいです。

キャップを後ろにかぶせると槍みたいに長くなる、かっこいい

キャップを後ろにかぶせると、キャップの重さが後ろに来るのでバランスがいまいちになります。

ですが定規の10cmくらいの場所を持てばわりとバランスがとれます。ペン先からは距離があり、無駄な力が入りづらいのでこれはこれで良いと思いました。

 

キャップをしている状態だと約14cm。

 

キャップなしだと13cm。

 

キャップを後ろにかぶせるとほぼ18cmです。

軸にカット加工がされていて鉛筆みたいな転がりにくさ

キャップをしてない状態でも転がりにくいので、机から転がり落ちて「ペン先がぁ~!」ってなりにくいと思います。

書いている実感がありつつの安定した書き味

書きやすいです!(字がうまくなるとは書いていない)

いまいちなポイント

後ろにかぶせたキャップを外すときに回しながら外すとインクが飛び出る可能性がある

ツイスビーダイヤモンド580ALは吸入式です。後ろの部分を時計回りとか反時計回りに回すとインクを出し入れできるようになっています。
ここにかぶせていたキャップを外すときにひねるように外そうとすると、インクがブシャッとペン先から出る可能性があります。

なのでキャップを外すときは、はずしにくかろうがまっすぐひっぱって外すのが大事です。

 

※念のため補足を。
ペン先にキャップを付けたり外したりするときは回してあけしめします。
後ろに付けるときは回してあけしめするタイプではありません。かぶせるだけです。

TWSBIダイヤモンド580ALペン先EFのよしあしまとめ

よかったところ

  • デザイン、見た目、色合い
  • キャップをあけしめするときの音
  • 持ったときのやさしい手触り
  • キャップを後ろにかぶせると槍みたいに長くなる、かっこいい
  • 軸にカット加工がされていて鉛筆みたいに転がりにくい
  • 書いている実感がありつつの安定した書き味

いまいちだったところ

  • 後ろにかぶせたキャップを外すときに回しながら外すとインクが飛び出る可能性がある

 

※買って日が浅いので、まだ掃除・メンテナンスをしていません。なのでメンテナンス関係は書きませんでした。

ツイスビーダイヤモンド580ALペン先EFの重さ

全部込みで31g。インクも半分いかないくらい入ってます。

 

キャップなしだと18g。

 

キャップだけだと13g。

 

量ってみるとキャップはけっこう重いですね。

重さについては以上です。

買うならどこがいいか?

おすすめ(お得)順で書いていきます。

  1. 楽天会員限定のスーパーDEAL(高ポイント還元祭り)まで待てるなら楽天
  2. とみや文具ネット店

この2つのお店がおすすめです。

楽天

例年通りやるなら12月4日からスーパーDEALが始まると思います。

その時にツイスビーにめっちゃポイントが付く可能性が高いです。現に11月のDEALでは3000ポイントほど付いてました。
今年最後のDEALとなれば4000ポイントくらい行く可能性も?

 

必ずポイント高還元になるわけではありませんが、あと半月くらいは待てるなら待つ価値はあると思います。

とみや文具ネット店

俺はこちらのお店で買いました。

ツイスビー買いたいけどどっかいいとこないかなー?って探しててたどり着いたのがとみや文具ネット店です。

 

「え?ツイスビーは会員登録すると割引きになるんだ。ふーん。(でも安くなっても5%、高くても10%くらいだろうな)」

「まあいいか、会員登録してみよ。」登録完了。→ログイン

「えぇー!20%引き!?マジ?」110008800(税込)

「あ、でも送料別かぁ」電卓パチパチ

「これならインク代浮くな。ありがてぇ、買お。」

こうでした。もうびっくりでしたね。

 

欲しいものが安く買えるのももちろん理由の一つですが、もうひとつおすすめの理由があるんです。

それは、これです。

宛先のラベルをベリっとやる前のダンボールはきれいでした。

 

どうです?もうね、俺は万年筆の書き味よりこの梱包の素晴らしさに感動しましたね。すばらしい!

丁重、丁寧な梱包、すばらしい!ぶらぼっ!(パチパチパチパチパチパチ)

これがもう一つのおすすめ理由です。

さいごに

素晴らしい梱包でした。

ツイスビーも書く道具としてしっかりしていて、これから長く使えそうでよかったです。キャップをあけしめする音も気持ちいいですし。

 

頼れる筆記用具をお探しなら、ツイスビーもぜひ候補に。

 

 

 

スポンサーリンク