ほぼ日手帳カバー、カズン(A5)でけぇ!オリジナル(A6)と大きさ比較も少しします

2019年3月4日

どうも、ルーです。

この前に買ったほぼ日手帳カバー、ピーチスカイが届いたので、
大きさ比較とかしていきます。

ちなみに用途はお絵かき手帳です。
ノートはアピカの方眼にしました。

ドット絵をアナログでも書きたいなー。って思ったからです。

さて、「絵を描くだけなら、カバーいらなくね?」と思ったかもしれません。
確かになくても問題はないですが、あった方が俺の気分が良いからです。
それだけです。それ以上に重要なことはないですからね。b

コピー用紙は管理がめんどくさいので今回は却下です。

ノーブルノートと迷ったんですが、オリジナル(A6)カバーではアピカを使っていて、
ノーブルのB5も前に買っていたので、両方で試し描きしました。

本当に僅差(きんさ)ですが結果としては、
シャーペンの芯との摩擦具合いが良かったのがアピカかなぁって感じです。

ツルツルの紙に芯の摩擦がほどよく、さらさらと?ぬるぬると?描ける感じです。
けどどっちも良い。ほんとにどっちも良い。

ノーブルとかアピカは1冊体験してしまえばそれが当たり前になります。
最初は高めだなー、どうしようかなー・・。って感じでした。

今は、新しいノート必要になったから欲しいな。となったら、
今回はどっちにしようか?ですから。(笑)

良いものは良い。それだけです。

   

シャーペンの芯はトンボの0.3mm、濃さはBです。
ちなみにシャーペンは三菱のm3-1052です。これじゃないと俺はだめ。
俺の細胞にフィットするグリップが決め手。

スマン!前置きが長くなったけど、比較画像あるんで見てみてください。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳カバー、オリジナルとカズンの大きさ比較

発色がいまいちですが大きさ比較だから!
目で見ると、もっと明るくて良い色だよ。

ほぼ日手帳2019ピーチスカイ

↑ピーチスカイです。袋外せばよかったね。今後再UPするかも。

ほぼ日手帳比較1

我が愛しのほぼ日手帳カバー、クローバーとの比較です。

ほぼ日手帳比較2

ほぼ日手帳比較3

どうでした?参考になるといいですけど。
俺は最初比べてみた時、「うわ!でけえ!」って思いました。

絵を描くにはぴったりかもしれません。

2012年クローバーの画像も載せたいから載せていくぅ!

ほぼ日手帳2012クローバー

どうです?良い色でしょう?余裕の色だ。カバー力が違いますよ。

ほんとおすすめ。

さすがほぼ日だ、6年経ってもだいじょうぶ!

今回はこんな感じです。
読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク