【マウスピース】NY Classic MFの使用感や感想【トランペット】

どうも、ルーです。

NY Classic(ニューヨーククラシック)のMF(メイナード・ファーガソン)モデルのトランペット用マウスピースを買って試してみたので、現時点での使ってみて感じたことや感想を書いていきます。

もしもニューヨーククラシックのメイナード・ファーガソンモデルのマウスピースに興味があるなら参考にしてみてください。

少しですがEM1と11B4との比較画像もあります。

スポンサーリンク

結論

メインマウスピースになりました!イェイ!!

気に入ったところ

  • 今まで試してきた中で1番口触りが良い
  • リム内径についてはまだ探求の余地はありますが、カップの浅さについてはちょうどいいと感じた
  • リムバイト(リムとリム内径の間あたり)のなめらかさ加減がたまらない
  • 買う前より少し理想のマウスピースがわかった気がしたこと

気になったところ

  • 初見で吹いてみたときに息が入りづらいと思った
    スロートをいじったことがないけど、スロートをちょっと広げたいという衝動が起きました。広げたらどうなるかも知らないですけど。
  • 最初低音がちょい出しづらいかなと思った

調べていたら、第 2 部 自分にあったマウスピースの選び方(PDF)を見つけました。

それによると、

リム内径サイズ、リムカンター形状、リム幅、リムバイトがあなたにとって心地良いかどうかを総合的に第一印象で判断します。

その際、リムバイトが適度に鋭いマウスピースを選びましょう。明確な音の立ち上がり(アタック)が得られ、ミストーンが圧倒的に少なくなるからです。

特に初心者は丸いリムバイトが気持ち良いと感じてしまいがちですが、このようなマウスピースは決して選んではいけません。

第 2 部 自分にあったマウスピースの選び方(PDF)-8ページ目、リムが気持ち良いものを選ぶ より

という意見がありました。

俺は自分の感覚を優先しますが、気になる人は参考にするのもありかもしれません。

自分の感覚を優先する理由は、自分は預言者じゃないのでどちらの選択がうまくいくか知らないからです。

自分の感覚を優先して失敗したらそのときにやり直せばいいだけです。

他人の言葉を優先して選択し、自分をないがしろにした挙げ句失敗したら、2重に後悔することになります。

理由としてはそんな感じです。

NY Classic MFモデルのマウスピースを買った理由・目的

理由、目的は、より自分に合うリム内径とカップの深さ(浅さ)のマウスピースを見つけるためです。

実はEM1をちょっと前に買って試したんですが、まだリム内径が小さくていいのかな~?と感じたのと、カップの深さももう少し浅くもていいかなって思ったってのも、NY Classic MFに手を出した理由です。

マウスピースの内径(mm)はどのくらいか?

写真を撮ってみたんですがちょっと内径からずれちゃってます。

それも考慮して見ると、リム内径の大きさは大体15mmですね。でも14mmってどこかに書いてたんですがどうなんでしょう?

EM1より1mmほど小さいリム内径のマウスピースです。

NY Classic MFの使用感や感想

唇とのフィット感

俺としては今までで1番気持ちがいいマウスピースです。

リムバイトのペタッと具合というかピタッと具合がたまりません。

リム内径15mmの大きさを使ってみて

正直、まだ大きいか?という考えと、ちょい小さすぎたかな?という考えが頭を飛び交ってますね。もう少し経験値を拾い集めてみないとわかりません。

カップの形状について

初めてのVカップですが、リムバイト付近のペタッとピタッとフィット感がVカップによるものだとするなら、俺にとってVカップはマウスピースを選ぶときの有力候補です。

VカップによるものじゃなくてMFモデルの特徴なら、もうMFモデルを狙っていくしかないですね。

密着感があっていいです。

他のマウスピースと比較するなら、EM1もわりとリムバイト付近はなめらかですが、それ以上にNY Classic MFはなめらかです。

11B4と比べたらはっきりと違いがわかるくらいなめらかです。口触り、口当たりの違いもはっきり出ました。参考画像↓

口触り、口当たり的に11B4よりNY Classic MFの方があってるってはっきりとわかりました。

EM1もいいんですけど、NY Classic MFの方が好きです。口触り、口当たり的に。

ということで比較画像撮ってみたんで載せます。

似たような画像が多くなりますがご了承ください。

NY Classic MFとEM1と11B4マウスピース比較

MF、11B4、EM1の順番

EM1のリムが肉厚な感じがします。MFのリムもなかなか。

MFのリムバイトがいかにつるりんかわかります。

MF、EM1、11B4の順番

おまけ:3種のリム内径の大きさ比較

見た感じリム内径の大きさの違いがわからなかったので、ちょい大雑把ですが線を引いて並べてみました。

これなら違いがいくらかわかると思います。

吹いてみた感想

低音(ローC~ミドルC)

もともとローD(レ)を出すのが苦手なのもあり、最初ローCとローDがつながらなくてビビりました(笑)

唇を慣らしてないのもあったと思うんですがビビりました。それ以降は出ました。

中低音もっと楽に出せるように反復しようと思いました。

中音(ミドルC~ハイC)

ミドルG(ソ)~ハイCあたりが出しやすくなりました。

ローGからミドルGとかローAからミドルAみたいに1オクターブ上げるのが楽になりました。

高音(ハイC~ダブルハイC)

NY Classic MFで試してもまだ細い音でしか出せません。

また手段を選ばずやっていこうと思いました。

息の速さはそのままに少しだけ息の量を増やせれば音量増やせると思うんですけどね。まだつかめてないです。

今はC→D→E→D→E→F→G→F→E→F→G→F→G→Aみたいな感じに出してみて適応しようとしてる最中です。

早く適応したいです。発見や気付きを得たいですね。

ほっぺ辺りの口輪筋にめちゃ効きます。長時間はまだ無理です。

スポンサーリンク

NY Classic MFモデルの画像集

いろいろ撮ったんで載せていきます。

写真を撮ってみたらちょっと暗かったので、明るさをフォトショップで上げてみたのが↓の2枚になります。

↑————————-ここまでが明るさ調整した画像————————-↑

さいごに

買って後悔なしでした。よかったです。密着感最高!

マウスピースについてはまだいろいろな大きさのを試したいので、次買うならリム内径がでかいマウスピースを買うかもしれません。

カップの深さは中くらいのやつ。意外と合うかもしれませんし。

例えばバックの1・1/2Cとかです。リム内径17mm。

今回は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

良いトランペットライフを。

スポンサーリンク